システム・サーバー
2021.12.14

私のPhpStormの設定

こんにちは!エンジニアの神山です! 今回普段利用しているIDE(PhpStorm)の設定を書きたいと思います!

テーマ

私が利用しているテーマは「One Dark Theme」です。

理由は1番見やすく、1番ダウンロード数があったため。
エディターの見た目なので、好みがあると思いますので、好きなものを選ぶのが良いと思います!
https://plugins.jetbrains.com/plugin/11938-one-dark-theme

.env files support

こちらはLaravelの.envファイルの設定キーをコーディングの際に候補として表示してくれます!
わざわざ.envファイルを開いて、キーをコピーしてみたいなことを省けます!

AWS Toolkit

こちらはAWSの公式プラグインになります。
.awsに設定している認証情報を選択することで、PhpStormからS3などの操作が可能になります。

.ignore

.gitignoreファイルの内容で、cmd + クリックで対象のファイルに飛べたりできます。
また、管理外になっているファイルをグレー表示にすることができます。

Laravel

こちらのブラグインはLaravelに特化してプラグインになります。
設定でオンにすると、ルーティングの名前をcmd + クリックすることで、
対象のルーティング設定に飛べたり、viewをcmd + クリックで移動できたりと便利です。
Laravelの開発時には必須かと思います。

PlantUML integration

PlantUMLをPhpStormで書くとに利用しています。
リアルタイムプレビューやシンタックスエラーを表示してくれるので、非常に便利です。

Dockerの設定

PhpStrom上でDocker for Macのコンテナを操作できるようにしています。
設定も簡単です。

TODOの設定

コーディング時に利用する「TODO」や「FIXME」に加えて、
「NOTE」、「XXX」と「HACK」が利用できるように追加しています。
ほぼ「TODO」と「NOTE」しか使ってないですが・・・
「NOTE」はなぜこのような実装にしたかなどの情報を記載しています。

フォーマットの設定

フォーマット実行時に不要なuseファイルを一緒に消すように設定しています。
設定は「code > Reformat Code」の「Optimize imports」にチェックを入れています。

以上が私のPhpStormの設定です。
エディターの設定は好みがあると思いますので、参考程度にしてもらえれば嬉しいです。

この記事を書いた人

神山 拓也
神山 拓也

この記事をシェアする

Service

クライマーで提供しているサービス

お問い合わせは、
こちらから
お気軽にどうぞ。

Please feel free to ask me.