Service
クライマーではWebシステムの開発をはじめ、様々なサービスを提供しています。

クラウドサーバ構築

「やりたいこと」を
支えるサーバを
クラウド上で構築します。

クライマーは創業よりクラウドサーバを利用しており、多数の経験と実績を有しています。

Amazon Web Service(AWS)を中心に、お客様にクラウドサーバの新規導入や既存システムの移行支援を行っております。

クラウドサーバは
拡張性が高く、
スピーディーな構築が可能です。

Speedy
  • 時間単位の課金で
    低コスト導入

    時間単位の課金で低コスト導入
    従量課金制の為、初期投資が必要ありません。
    また、リザーブドインスタンスを利用することで、従量課金の時間単価を安くするモデルもございます。
    インスタンスの稼働数をスケジューリングすることで、サーバ数をコントロールできコスト削減が可能となります。
  • 障害に強い
    堅牢なシステム

    時間単位の課金で低コスト導入
    国内外に複数のリージョンがあるので、大規模な災害が発生しても、資産を守ることができます。
    また、WEB・データベースサーバの負荷分散処理などを行い、サーバダウンなどの障害を抑えるよう構築します。
  • 大量
    トラフィック対応

    大量トラフィック対応
    キャンペーン・メディアの露出でアクセスが増える際の対応も柔軟かつスピーディーに対応できます。
    サーバー監視を行い、オートスケールを実行する環境を構築し、サーバダウンによる機会損失を防ぎます。
    また、ボトルネックとなるデーターベースサーバも負荷分散を行います。
  • オンプレミスからの
    移行

    オンプレミスからの移行
    クラウドサーバであれば、従来オンプレミスで必要とされた綿密な計画や納品までの時間、各種設定の時間が大幅に短縮することができます。
    オンプレミスからクラウドサーバへ移行することで、ランニングコストの削減やサービス拡大に伴うサーバ増強にかかる手間やコストの削減が可能です。
  • 柔軟な構成変更と
    コスト削減が可能

    柔軟な構成変更とコスト削減が可能
    サーバ台数の増減やCPU・メモリ・ストレージサイズの変更も即時に柔軟に対応することができます。
    時期により不要となるサーバも、稼働を停止することでコスト削減を可能とします。
  • クラウドサーバの
    運用・保守、請求代行

    クラウドサーバの運用・保守、請求代行
    自社ツールで死活監視を行い、障害が発生した場合は緊急対応を行います。
    バックアップ(アプリケーション・DB等)は定期的に実施し、復旧が難しい場合は、これらバックアップから復元致します。請求代行も行なっており、通常USドルでのクレジットカード払いですが、日本円の請求書発行が可能です。

クラウドサーバと
レンタルサーバの違い

Comparison

レンタルサーバと一言で言っても、共用サーバー・VPS・専用サーバといった種類がありますが、
一般的に「レンタルサーバ = 共用サーバ」と呼ばれることが多いため、こちらでも今回はレンタルサーバを共用サーバとして説明してきます。

クラウドサーバとは?

1台のサーバーに仮想化した専用サーバーを
個別に立てる
クラウドサーバとは?

レンタルサーバとは?

1台のサーバーを複数のサイトで
共用する
レンタルサーバとは?
住居で例えるなら...

クラウドサーバは
マンション

クラウドサーバはマンション
建物は同じだがキッチンや洗面所など各家に備えられており、それぞれの家自体がきちんと分かれている。
住居で例えるなら...

レンタルサーバは
シェアハウス

レンタルサーバはシェアハウス
建物内に自分の部屋はあるが、キッチンや洗面所などが共用のため、マナーの悪いルームメイトの影響を受けやすい。

クラウドサーバと
レンタルサーバの
メリット・デメリット比較表

クラウドサーバ レンタルサーバ
向いている用途 コーポレートサイト・ECサイト
アクセスの増加が見込まれるサイト
個人ブログ・中小規模のサイト
企業案内のみのサイトなど
クラウドサーバは、セールや期間を設けるなど、時期によってアクセスが大きく変動する様なサイトに適しています。レンタルサーバは、立ち上げたばかり等、アクセスの低いサイトに適しています。
導入費用 費用無し 費用発生
クラウドサーバは、使った分だけ費用請求されるシステムで、導入費用はかかりません。
レンタルサーバは導入時に費用が発生するため、クラウドサーバの方が導入のハードルは低いといえます。
運用コスト
一般的にレンタルサーバはクラウドサーバに比べて、運用コストが低いです。
しかし環境面に関しては、クラウドサーバの方が上になるので、環境面と金銭面のどちらを優先するかを考える必要があります。
クラウドサーバは、利用する分のみを支払うシステムなので、やり方次第で安く抑えることも可能です。
柔軟性
クラウドサーバは、スペックを自由に変更することができ、繁忙期にサーバのスペックを一時的に上げるなど、柔軟に対応することが出来ます。
それに比べてレンタルサーバは、スペック変更時に初期費用がかかり、サーバー移行の作業や手続きが必要となり、クラウドサーバと比較すると負担が大きくなりがちです。
他ユーザーによる
影響
×
クラウドサーバは、他ユーザと共有して利用する部分もありますが、基本的に他ユーザーの影響を受ける確率は少なくなります。
レンタルサーバの場合だと、同じサーバを利用しているユーザーの中に、サーバに高負荷をかける人がいると、その負荷の影響を受け、自分のサーバーまで動きが遅くなる可能性があります。よって、サーバの快適面を優先する場合はクラウドサーバをおすすめします。
向いている用途
クラウドサーバ
コーポレートサイト・ECサイト
アクセスの増加が見込まれるサイト
レンタルサーバ
個人ブログ・中小規模のサイト
企業案内のみのサイトなど
クラウドサーバは、セールや期間を設けるなど、時期によってアクセスが大きく変動する様なサイトに適しています。レンタルサーバは、立ち上げたばかり等、アクセスの低いサイトに適しています。
導入費用
クラウドサーバ
費用無し
レンタルサーバ
費用発生
クラウドサーバは、使った分だけ費用請求されるシステムで、導入費用はかかりません。
レンタルサーバは導入時に費用が発生するため、クラウドサーバの方が導入のハードルは低いといえます。
運用コスト
クラウドサーバ
レンタルサーバ
一般的にレンタルサーバはクラウドサーバに比べて、運用コストが低いです。
しかし環境面に関しては、クラウドサーバの方が上になるので、環境面と金銭面のどちらを優先するかを考える必要があります。
クラウドサーバは、利用する分のみを支払うシステムなので、やり方次第で安く抑えることも可能です。
柔軟性
クラウドサーバ
レンタルサーバ
クラウドサーバは、スペックを自由に変更することができ、繁忙期にサーバのスペックを一時的に上げるなど、柔軟に対応することが出来ます。
それに比べてレンタルサーバは、スペック変更時に初期費用がかかり、サーバー移行の作業や手続きが必要となり、クラウドサーバと比較すると負担が大きくなりがちです。
他ユーザーによる影響
クラウドサーバ
レンタルサーバ
×
クラウドサーバは、他ユーザと共有して利用する部分もありますが、基本的に他ユーザーの影響を受ける確率は少なくなります。
レンタルサーバの場合だと、同じサーバを利用しているユーザーの中に、サーバに高負荷をかける人がいると、その負荷の影響を受け、自分のサーバーまで動きが遅くなる可能性があります。よって、サーバの快適面を優先する場合はクラウドサーバをおすすめします。

Works

クライマーの実績の一部です

Service

クライマーで提供しているサービス

お問い合わせは、
こちらから
お気軽にどうぞ。

Please feel free to ask me.